和倉温泉で見たモノは!(ルーツを探る旅3)

石川県羽咋市で法事を済ませ、用意してあった和倉温泉の加賀屋に行く。
加賀屋といえば、温泉旅館でいつも全国1位になるほどの超有名旅館。
なかなか予約は取れないし、一人1泊5万はするぞと言われたが、ある理由から泊まれることになった。

テレビでも名物(らしい)の仲居さんがずらっと並んでのお出迎え。
一斉に襲いかかってこられたら生きては帰れないほどの人数が並んでいる。
年齢はまちまちだけど、やはり玄関に近いほど年齢が高いような気がする。
後ろの方は昨年入社したばかりみたいな若い仲居さんが並んでいる。
きっと、並び方一つにもいろいろ見てはいけない人間ドラマがあるんだろうなあ…とヘンな感慨に浸る。

今回3部屋を取っていたけど、それぞれの部屋に専属の仲居さんが居る。
つまり担当の仲居さんが3人。(この人たちは、本当に最後の最後まで最後までびちーっとついてくれる。一歩間違えて解釈すれば監視に近い。でも、まさにコンシェルジュ的なきめ細やかさがあり、さすがであった)
(仲居さんのなかでも長老クラスの)かなりやり手と思われる仲居さんに部屋へ案内される。
もちろん、ちり一つ無い部屋は3間続きで、鏡台もある。

Img_2849

お約束の抹茶とお菓子を食べて、お風呂に行く。Img_2853

風呂に行こうと思い立ち部屋を出たのは良いが、まず館内が広い。部屋から風呂場までの経路はうちの親父をして「こんな道覚えられるわけがない!帰りに先に帰るんじゃないぞ!」と言わせるくらいに複雑であった。

で、日本一の温泉旅館のお風呂に入る。

入ってみて驚いた。

風呂場は3階建て構造で、一番上の階に海が見える露天風呂、真ん中の階も露天風呂と脱衣所、下の階は川みたいな構造になっていて両端に大きな浴槽が二つ。

そして、風 呂 場 の 中 に エ レ ベ ー タ ー がある!

恐らく1000人くらいが入っても平気なクラスのお風呂に浸かってみる。
イイ感じ~。
源泉を飲めるのでちょっと飲んでみると、しょっぱ苦い。
やはり海のそばの温泉なのだなあと思う。

風呂を上がり、夕食となる。
2階にある宴会場へ行く…(続くと思われ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です