昨日は展示会

昨日はお店を休みにして、名古屋某所で行われた展示会へ。
Rの婦人靴(冬物)とCの来春ものを注文してきました。
来年春物って…どれが売れるなんて分かるかああああっ!
そうは言っても人々の一歩先をゆく(←自称)当社最先端バイヤーの手にかかれば分かるんだそうです。頼もしいですね。
実際のところ、Rをメインにしている当店にとってCはプラスαの商品なので、厳選に厳選を重ね、真剣勝負で発注をしてみました。

Imgp1626
左 当店の3倍以上の売上を誇る名古屋市内の某有力店
右 当店
…発注量が全然違いますね(^^;)…
でも負けないぞ~!(無駄に競っている)

展示会の後は、最近岐阜県にできた大型ショッピングモールを視察しました。
感想は
…街の商店街がモールに入ったみたい(普通の商店が多すぎる)
…ブランドショップはほとんど無いし、あってもセカンドライン
…一つ一つの店が狭い
などといったものでした。正直プラスの印象があまり無いって感じです。

次にその周辺の某大型モールをたて続けに2つ視察してみました。
なかなか岐阜の方に行く機会もないものですから。
感想は
…おなかいっぱい。

なんというか、日本の郊外型ショッピングモールも一つの型が決まってしまったというか、差別化が難しくなっているように思います。今までは大型化が差別化の要因だったのがブランド化がテーマに変わって…今となってはどこも(規模の大小はあっても)内容は一緒という感じです。
入っている店もさほど変わらないですしね。(婦人関係のお店と雑貨、カジュアル衣料…かわり映えしないなあ。)
なんだかアメリカのモールの衰退の状況をそのまま追いかけているみたい。

アメリカではモールが衰退したら、特徴ある地場の商店街が復権していったようですが、日本もそうなるのでしょうか。起業家精神の違いがあるから難しいかもしれないですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です