T店疑惑

リーガルシューズのPOSはインターネットを通じて本部とつながっております。
もちろん、セキュリティも本部側(プロバイダー)でばっちり用意されており、ウイルスや外部からの不正なアクセスに対してはかなり強力に保護されるようになっています。
機械的なウイルス防止だけでなく、ソフトウエア上でも防止策が施されており、あらゆる事態を想定しています。

お店のサーバーはインターネットにつながっている訳ですから、ある程度のWEBアクセスは可能です。ただし、ある種の問題があるホームページ(まあ、アダルトとかギャンブル系とか)などにはサーバー側で接続ができないように設定されており、exeやZIPファイルなどもダウンロードできないようになっています。当然ですね。

でも、店にも暇な時間帯があります。そんなときに、ネットアクセスなんかをしていて、なんかの拍子に間違ってそういったHPにアクセスしようとしてエラー表示されることがあります。(私も身に覚えがないとはいいません。もちろん、えっちいなサイトではなく、ちょっとフリーソフトで面白そうなものをとか物色していて、まあ、そうなるわけです。)

まあ、普通はそういったエラー表示がされた段階で、あわてて「もうしない!」と心に誓ったりして、ブラウザを閉じたりするものですが、中には果敢になんとかしてブロックを突破しようと再トライするひとも居るわけです。まあ、ごく少数ですが。

で、そういった行為が続くと、やんわりとFC本部の方から、「そろそろアクセスを考えてね~」などという警告が来るとか来ないとか。

で、もう1年半も経過したことだし、大幅にそういったアクセスが減るかと思えば、まだまだ健在なお店もあるようで、今回のコンベンションでその上位20位までを公表することになりました。…と、会場内でスクリーン前で話をしていた説明者が言って、いきなり正面のスクリーンに20位までが表示されました。

会場は騒然となり、ざわざわざわというざわめきが聞こえる中、スクリーンが変わると、上位20位までのお店のイニシャルが表示されました。

全部は覚えていないですが、
1位 T店
2位 N店

20位 O店(後で確認したらウチではないことが判明)

そのT店はいったいどこなのか?という話になり、近くにいたT店のO店長に直撃してみました。
「V_400030.WMA」をダウンロード

※ちなみに、このインタビューで名前を挙げられたTY店、TH店は店長の性格からして上位入賞はありえないだろうと思われます。まあ、TU店店長も判ってて言っているというのは笑いながらなので判るとは思います。ここは一つ、関係者の方は気を悪くなされないようにしてくださいねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です