いよいよ完結!アキバ探訪記(既にタイトルすら忘れかけてる…)

メイド喫茶を出た我々は、よりディープなお店を求めてじゃんがらラーメン周辺を歩き回った。
街は雨のムレとデ●の熱気で不快指数が急上昇中だった。
おっと、●ブをバカにしちゃいけない。これは自分の事なのである。

ある角地にあるビルの前で足を止めた我々は、禁断のビルであるということにも気付かず上がってみることにした。女性がいるにもかかわらず…。
このビルの中に何があったかはちょっと人前では話せない。

同行のI嬢はこういった「こ、これは…息が苦しいっす」
I氏は「これは合法なのか?」とつぶやいた。
このビルから去りたくないO氏を引っ張りつつ、もう少し健全な(はずの)駅前のラジオ会館に向かった。

私の知るラジオ会館(当時はラジ館と呼んでいた)は、ジャンクなパーツをこれでもか!と広げ、いったい何に使うのかすら判らない部品の後ろにたたずむ店主のオヤジとそれを何の目的で購入するのか判らない黒ジャンバーのオヤジ(時には日本語すらおぼつかない)達の饗宴の場だった。少なくとも15年前までは。

今は違う。まさにハードというにはうってつけのハードウエアショップは息絶え、萌え~という単語が飛び交い、エロな同人誌やフィギュアがこれでもか!と置かれる特殊な趣味のビルに変わってしまった。同じこれでもか!でもだいぶ趣が違うのだ。

そこで我々が見た現場は酸素濃度が10%位(I嬢による測定平均値)の特殊な空間だったのである。
Img_0168_1

←ずらりと並んだフィギュアのおしりの数々。残念ながらこれがぎりぎり見せられる限界である。

170_1

←これはそのまま見せるにはまずい物件。この写真を撮った直後に店の人に撮影禁止ですよ~と優しく怒られる。

これらの物件及び各種専門誌等に圧巻され、I嬢が一時過呼吸に見舞われ、命の危険を感じたため、我々一行は店を出た。その間にお店へのおみやげを購入したのだが、何を買ったかは内緒ということで。

私は知った。もう秋葉原は私の知るアキバではないことを。
今回はアキバ三部作の最終回である。過去2回に比べ、この回の時がもっとも過酷であり、シビアな状況であったが、詳しくお知らせできなくて残念である。
一応、なんとか大人として書ける限界まで書いたつもりだ。だが、我々の体験したことの10%もお伝えできないのが残念である。
もっと知りたい人は、実際にアキバまで足を運ぶことをオススメする。(はまっても知らんけど。)その際は、ぜひ私を連れて行って欲しいと切に願う次第である(←既にはまっている)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です