北条を倒した信長様は

一路、2万あまりの軍勢と共に東北道を北へ向かう。
途中、小城をいくつかけちらしつつ、なぜか仙台に拠点を置いているスーパーサイヤ人(謙信)の近くまで行く。
謙信は、相変わらず城の普請をしている。激強えぇ上にまめな男である。
信長様ご一行は仙台城を華麗にスルーして、津軽方面に向かうことにする。

一方、日本海ルートでは以前は敵対していた北畠親房を配下にして、数万の軍勢の総大将としてこちらも北へ向かっていく。
降伏した島津兄弟もおっつけ岩手県で合流し、総勢5万近くまでふくれあがった信長様の軍勢は、向かうところ敵なし。ひとつひとつ丁寧にお城を落としていったのである。

ふと見ると、スーパーサイヤ人(謙信)が一人でうろうろと白石辺りの小城を歩いているってか狙っている。あわてた信長様は22人の武将と1万3千の軍勢を周辺の城からかり集め白石城に入れる。砦クラスの小城にそんなに入れたらあふれかえっちゃうだろ的な突っ込みはともかく、千人しかいない謙信は城攻めするのに躊躇して野原をうろうろしてるのであった。

一方、るんるん気分で羽後~津軽あたりの上杉家の城を2方向から攻めていた信長様は冬に入り、雪による停滞を余儀なくされた。

ふと、東海地区に目をやると、相変わらず家康は小軍勢で駿河の今川にちょっかい出しては追い返されているのがかわいらしい。
おまえ、いい加減に早く攻め落とさんかい!
徳川が撃退されるたびに武将が捕虜となって今川家に登用されており、今川家に名だたる武将が集結しとるやないかい!
とりあえず、駿府城近くの織田家の城に兵隊を集めるように周辺の城に指示を出しておく。

天下布武の日は近い…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です