安倍前総理

今朝のフジテレビではKYを流行らせた政治家と言われていましたが、そうなんだろうか?
朝食会で「チベットを憂慮している」と言うことが、空気読めないことなのだろうか?
(そもそも、僕はKYという言葉が嫌いなので書かない。この言葉は何らかの意図を持って無理矢理流行らせたような気がする。僕はKYというと珊瑚のことしか思い浮かばない)

中国の(というよりは中共の)トップが来て、日本としては憂慮しますよと日本の政治家が言うことに問題はないんじゃない?少なくとも西側諸国に対する日本のエクスキューズにはなる。日中のトップ会談までやって、決まったことがパンダだけ(それも1頭年間1億のレンタル料を払ってまで)というのはあまりにも寂しいし、ばかばかしい。

その場が凍り付いたとテレビでは言っていたけど、言うべき事を言うべき相手に言うべきタイミングで言わないのなら日本の政治家をやっている意味はないと思う。
それが例え、相手の意に反することでも政治信条なら言うべきことではないか。

このまま「日中友好~ニイハオ」のみで胡錦涛国家主席を送ったら、諸外国から余計な疑いをかけられるんじゃないか。その意味で空気読めないと言われようがなんだろうが、はっきり言った安倍前首相はエライかどうかは知らないけど、間違ってはいないと思う。

いろんな意見があって、その意見の表明の自由を認めるのが民主主義なんだからね。日本は民主主義国家であることがこれで判るってもんです。

胡錦涛主席を追いつめて国家主席から降ろす方が日本の国益にとってマイナスであろうことは想像つく。後を継ぐであろう上海閥と天秤にかけたら現状がまだマシだろうし。
来日でミソを付けて政敵に攻撃の材料を与えるような真似をしたくないのかもしれない。

マスコミ及び日本国民の表に出ていることとは別に、裏では全く違うレベルの話し合いがされているというのも外交だろうから、そこではかなり突っ込んだレベルの話し合いがなされているだろうと信じたい。てかこのままだと、本当にパンダだけかよ!と三村突っ込みを入れたくなるからなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です