童門冬二の小説2冊

「千利休」と「石田三成」を読んだ。
どっちも一世を風靡しつつも悲劇的な死となった2人。
千利休はもっとうまく立ち回っていたらもう少し長生きできただろうし、石田三成も同様かな。
ま、最終的には時の権力者によって潰されていただろうけど。
政治力のありすぎる人は勝たなければどこかで踏みつぶされるということなんだろうなあ。

石田三成は高慢ちきで生意気な若造というイメージをあてがわれているけど(今の大河ドラマもそうですな。小栗旬が糞生意気な三成役をやっている)、実際にはそれは勝った側の権力者(家康ですな)によって後にあてがわれたイメージで、本当はかなり人の気持ちの分かる人だったらしい。そりやそうでないと豊臣政権の実務面での実質トップになれませんわな。秀吉子飼いだからといっても性格ねじ曲がっていたらその前に潰されてしまうのがオチ。実際、領地の庶民からも慕われるくらいの善政をした殿様だったらしい。
でも負けてしまったら全てをひっくり返されるわけで。…諸行無常ですね。
(ちなみに、赤穂浪士の敵「吉良上野介」も吉良藩ではかなり善政をした殿様だったらしい。でも、赤穂浪士が定着した今となっては何百年経とうと悪役のままだろうけど。)

ちなみに石田三成が関ヶ原で負けて山の中を逃げ回っていたときにう●こをして、それを拭いた紙が元で発見されたという話をつい先日見た。なんでも農民や足軽なんかじゃ使えないような上等な紙を使っていたので、これは上級武士が近くに潜んでいるに違いないと徹底的に捜索されたら見つかったとか。トイレットペーパーが生死を分けたわけで、切れ者の三成も間抜けといえば間抜けだったんですねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です