面白かった

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら Book もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

著者:岩崎 夏海
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

某ブログに書かれていたので買って読んでみた。
萌え系の表紙はちょっと人前じゃ見づらいので裏返して読みましたよ。ええ。

結論から言って面白かった。(ちなみにこの本は小説仕立てです)

話としては良くありがちな青春成功物語ですが、タイトルの通り、経営学の珠玉の名著、P.F.ドラッカーの「マネジメント」を出してきたのが良い。

あるきっかけから、普通の都立校の強くも弱くもない野球部を甲子園に出場させようと思ってマネージャーになった普通の女子高生が、マネージャーの本を読まなきゃと思って本屋で間違って「マネージメント」を買ったところから始まるお話。

それまでぎくしゃくしていた人間関係や、成長しきれなかった選手などを、本の通りにやっていくことによって、野球部という組織を1年で大きく変える。その女子高生みなみが最初にマネージャーをやってみようと思うようになったきっかけが徐々に明らかになり…最後は涙なしには読めません。

最初にドラッカーのマネジメントに「組織の目的を定義づける」と書かれていたので、「何のために高校野球をやっているのか」を徹底的に悩み、「それは●●のため(ネタばれになるので伏せますが)」と気付いてからその組織の定義を実行するために、ドラッカーの本を片手に数々の実践を行っていく。

まあ、小説としてはどちらかというと手あかの付いたテーマと内容ですし、最初の10ページで概ね結論まで見えますが(そして予想通りの展開なので、ある意味安心して読める。結論ありきなのでドラッカーのどのエッセンスを使うのかが興味の的)、マネジメント本としては面白い切り口です。2~3時間もあれば読める軽い感じの本なので、ドラッカーの入り口として中・高校生あたりから読んで欲しい本です。(もちろん、大人も十分に楽しんで読めます)

ただなあ、大人にはあの萌え絵は何とかして欲しいところですが…。

本日家康行列

今日は毎年恒例の歴代将軍が当店の前を通過する日です。
http://okazaki-kanko.jp/schedule/ieyasu.htm

今年も行列参加に応募しそこねた。毎年応募しようと思って忘れるんですね~

今日はお昼頃から駐車場も道もいっぱいになりますので、お早めにご来店か夕方のご来店をオススメします。行列が過ぎたとたんに康生はがらがらになりますので。

昨日から

昨日は午前中だけお店に出て後はお休みでした。
私の本格稼働は今日から。

でも昨日から当社は新年度なのです。
私が休んでも、新しい年度は始まります。
当社に係わりのあった皆様、昨年度は本当にありがとうございます。
まだまだ順調とは言えませんが、それでも1年間やってこられたことに感謝します。

これから新しい1年が始まりますが、これ以上悪くなりたくないというのが本音ですね。
いろいろ大変ですが、今年度も感謝の気持ちを忘れずにやるべきことをやる…だけですね。