どうやってカプセルを開けるんだろうか?

http://bit.ly/btgJ2s

真空状態の中で開けるんだろうけど、それいがいにもいろいろ準備がいるんだろうな。
どういう手順を踏むのか知りたいなあ。
開ける瞬間というのは感動するんだろうなと。

数か月かかる方が、政治に利用されなくて(選挙のネタにされなくて)良いように思う。

流行に飛びついた層が冷めて、本当に知りたい人だけが残った頃に開く訳か…

カプセル発見&回収!

発見早すぎ!
http://twitter.com/Hayabusa_JAXA

カプセルの写真
http://bit.ly/a5kxIA

なかなか泣けるコメント↓
6/14午前11時。再突入から12時間後です。昨晩、ヘリコプターが撮影した再突入カプセルの写真が公開
されました。
そっと優しく地面に置いたかのように大地にたたずんでいます。回収関係は続報が入り次第報告します。(IES兄)

わざわざウーメラ砂漠
20km×200kmの範囲を確保しといたのに、誤差1kmくらいで落としたらしいからな。そりゃ発見も早くなるか。日本の技術力の変態さってのは・・・。

↑だそうです。

こんなすごい偉業をマスコミが言わないのなら、口コミで言うまで。
個人個人が大切だと思うことを、書くなりつぶやくなりすればいいと思う。
どんどん広めていきたい!

はやぶさ君帰還!

今年になって一部で急に盛り上がったはやぶさ君ですが、まさかここまで盛り上がるとは。
いや~もう帰ってくるだけで目頭熱くなります。
だがしかし!
できることならもっと盛り上がって欲しい。
国民的な一大関心事になって欲しい。
そして仕分けされないレベルとなって、次につながって欲しい。

日本にはペンシルロケットから脈々と宇宙とロケットに命を賭けた技術者が作り上げてきた膨大な技術的成果があるんです。
ロシアから一番難しいところをお手軽に買ってきて打ち上げるのとはワケが違うんです。
それでも失敗するんだから宇宙技術ってのは難しいけど。

それが「ちょいと中止ね」なんて一言で、全て変わる可能性があるんです。
引き継がれてきた技術を中断するというのは全てを失うのに近いわけで、例えば3年後に再開しましょうと言っても、同じ所からすぐに再開できるわけじゃないんです。

「一番でなくても良い」なんて低レベルな話では無くて、自分たちの出来ることを高めて上を目指すからこそ技術は輝くワケです。

はやぶさの帰還は本当にすごいことです。人工物が小惑星帯に行き、小惑星のカケラを持ち帰る(予定)なんてことは奇跡に近いことなんです。

もし、政治家が科学技術の発展を邪魔するようなことをするのなら、それはとても不幸な国になることだと思います。
私たちは、技術に関しては一見無駄と思えるようなことを涵養していく懐の大きさを持っていたいと思います。

http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2010/06/post-9d43.html

北川タケシさんのうつわ展

北川さんの作品は木曜日に持ち込まれました。
Img_3073

真剣にディスプレイをしてくれています。
フエルトでいろんな色と形の敷物(?)をしてくれています。
これがイイカンジ。ホワイトガラスのテーブルトップと良く合います。

Img_3075

婦人靴の棚の間にもカップやお皿を展示販売しています。
ここでもリーガルの靴に合いますね。
Img_3079

北川さんを囲んで記念撮影。

本日は、お皿がよく売れています♪

北川タケシさんのうつわ達

Img_3098

なにやらイイカンジになっていますねえ。

Img_3104_2

もちろん、全ての作品は販売しております。

Img_3101

↑彼らの名前は「ぬくといもの」だそうです。
三河弁で暖かいとかの意味らしいです。
不思議な魅力のある子たちです。

Img_3111

彼らの親というか母艦にあたるのがこの犬(?)です。
…なにやらリーガルの靴に興味をお持ちのようです。

いよいよ明日から北川タケシのうつわ展!

Img_3058
焼酎カップ ¥3,360

6月11日から20日まで、期間限定で北川タケシさんの器を展示しています。
独特のデザインがイイカンジのカップやお皿達です。
けっこう本格的なギャラリーになっていますので、ぜひご興味のある方はお立ち寄り下さい。

Img_3019

カップ ¥2,625

6月20日は父の日です!
ちょっと面白いプレゼントにイイかも!
他ではあまり売っていないですよ~

Img_3051

ぬくといもの達 ¥3,150(各)

Img_3041

中鉢 ¥4,725

生活を楽しくする食器達がいっぱいあります。

歴史に興味のある女性=歴女

唐沢からなのか小栗からなのかわからないけど、大河ドラマを見て歴史に興味を持つのは悪いことではないと思う。
東京から愛知に来てなんとなく思ったことは、地域に歴史が根付いていることで、やっぱ東京は近代になってから作られた人口都市だけに、あまり歴史に深みが無い。
近郊では鎌倉が例外くらいで、あとは大抵の歴史資産は江戸期に入ってからのものが多い。
いや、それでも400年首都をやってきたのだからその資産はすごいけど。

京都や滋賀に比べれば少ないけど、それでも岡崎はちょっと車を走らせれば「長篠」や「小牧・長久手」といった名前の知られた古戦場後もあるし、何より、歴史上の有名人物ベスト3に入るであろう家康公の出身地でもある。
でも、地味なんですよねえ。ここ数年の歴史ブームに追いついていないというか、目立たない…。
やっぱり、テレビドラマではたいていずるがしこい役になっているからか。
実際人生も後半はそうなんですけどね。前半はかなり良いヤツだったんだけど、だんだん良いヤツじゃ天下とれね~と思うようになったということなのかもしれない。

あまりキャラ的には人気が出ない家康公ですが、岡崎市は何とか家康公で売りたいということで、日本人はダメだ!来てくれない!とばかりに中国人にターゲットを絞ったそうです。
http://bit.ly/aIcAiJ

何年か前に、中国人経営者の愛読書に「徳川家康」が入っていたのは事実だけどさ。
わざわざ余所の国の英雄の生誕地に来るかねえ。
日本人だって、ジョージワシントンの生誕地や毛沢東の生誕地なんか行かないように、日本旅行に来てもわざわざ東京や京都から足伸ばさないでしょうに。
そもそも岡崎市には家康以外売りはないワケで。家康の関連でも、昭和になって作られた小さな城と大きな位牌くらいしか見せるものが無いでしょう。時間とお金が制約される外国人旅行客がそれで満足するわけがない。なら、京都なり、名古屋なりにもう一泊するわ。

ならば、なんか最近テレビでやたら報道されているらしい、「女性向け殺陣教室」や長刀教室を岡崎城に併設。3時間の殺陣経験&ビデオ撮影コースを設け、同時に岡崎城に勤務しているひとは皆サムライかニンジャか町娘の格好をし、希望者には服を貸し出す。1日数回の将軍様お成り~い公演を行い、将軍の服を着て家康の死因となったタイの天ぷらを食べさせるなどの経験型ツアーじゃないと人は来ないような気がする。

なんか楽しませる企画を考えているのかねえ。寺に来て下さいだけじゃ絶対に失敗するぞ。