靴作り教室

今週の木曜日は靴作り教室でした。

まずは前回作成したアッパー(甲革)の内側の余分な縫い代を切り取ります。

Img_0130

ちょっとでこぼこなのは見なかったことにします。

これで概ねアッパーは完成

アッパーが出来た所で、中底の作成に取り掛かります。

まずは、分厚いタンニン鞣しの革を切り出します。

Img_0132

中底の紙型よりもちょっとだけ大きいくらいに。

Img_0135

それをヤスリ機で削ります。

Img_0136

最終的に、水に漬けると縮むので、ちょっとだけ大きめに削ります。

Img_0139

最後に中底の表面をヤスリで削って、毛羽立たせます。これで吸湿性をアップさせるわけです。

Img_0140

出来上がったら、そのまま水に付けてどっぷり染み込ませます。

するとものすごく柔らかくなります。

Img_0147

ふにゃふにゃになった革を木型の底に打ち付けていきます。

これで、足底のカーブを中底に覚えさせるんですね。

Img_0144

カカトの金属部分を除き、1.5cm間隔で釘を打っていき、金槌でたたきます。

仕上がったら、このまま乾くまで1日放置します。

ここまでで午前の部終了。

Img_0150

お昼は、大須の激安ステーキ丼。ステーキ肉ダブル(中にも同量のステーキが入っている)で1080円。うまい。

Img_0152

午後はカカト芯の削りだしから。中心部から際までなだらかに厚みが変化していくように薄く削っていく。キワの部分に厚みがあると、カカトの履き心地に影響するから、できるだけ薄く。でも中心部(厚み3ミリくらい)から、凸凹しないように削っていかないといけない。

Img_0159_2

ある程度削ったら、水につけてからさらにヤスリで磨く。

最後に切れ目を入れて完成。

Img_0160

本日の作業はここまで。

次回以降に底付けを行なっていくわけだけど、ここでそのための自分の道具を購入しないといけないらしい。出し縫い針と掬い縫い針の2本を購入。

ただ、これは市販の針を買ってきてそのまま使えるかというと全く使えない。

十分刃が付いていないので、事前に研ぐという作業が必要になる

そこでまずは、自分の新品の針を研ぐことから始める。

Img_0162

出し縫い針の先端を砥石で研いでいく。

こういうのまで教室でやるとは思わなかったけど、自分でやるというのは正解だな。

「刃が折れたら研ぎ直しに時間がかかることを肌で知っておけば道具を大事に使う」ということが理由らしい。靴作りのことは何でも知っておきたい自分としてもイイ勉強になる。

Img_0163

先端だけ刃がつくように研いでいく。概ね15~20分。

これは革に穴を開けるための針になる。

Img_0167

慣れないと手首に余計な力が入り、添えている指に刃がざっくり入る。

これで2箇所切りました。

Img_0168

掬い縫い針も研いでいく。これもなんだかんだで2~30分くらい。

Img_0166

刃に角度をつけながら研いでいく。

この日はここまでで完成。

最後に、刃の鞘代わりに革に刺しておくのだけど、ここでもざっくり指に差して、計3箇所の怪我で済んだ。これくらいでかんべんしておいてやる。

これで、午後の部終了。

指が痛かったので、マカデミアナッツパンケーキを食べてから帰った。

Img_0175

あっさりした甘さでうまい。何枚でもイケそう。

大須グルメもなかなか良いです。

大須で見つけたよつばと!

P4051557

昨日、大須のガチャガチャで見つけたので1回だけやってみた。

アデリーペンギンでした。

P4051560

とりあえず、当店で扱っているポレポレ動物の所に置いてみた。

P4051558

なんか馴染むなあ。

よつばと!は4月からの日めくりカレンダーもある。

まだ開けてないけど。

P4051559_2

青い靴はお好きですか?

当店では、ブルーのストレートチップを昨年から置いています。今までのリーガルでもほとんど見かけなかった色だけど、靴好きの人は手にとって見ていきます。P4021555

ちょっと写真じゃわかりづらいけど、青です。ネイビーブルーです。

価格は26,250円(税込)です。

さすがに、これを買う人は本当に靴好きな人ばかりだけど、ぽつぽつといたりする。バカ売れはしないけどね。たいていは、合わせる服を考えて、う~んと言ってやめてしまう。

あえてジーンズなんか合わせるとカッコイイと思うけどなあ。デザインはリーガルで一番売れているストレートチップでヒールがちょい高め。分かる人には分かる靴です。

ちなみに、青い靴はローファーもやっていたりする。この春の新作です。

P4021553_2

うちは、どんだけマニアックな靴屋なんだ?でも、1足だけだけど売れている。
いいんです!これはそういう靴なんだから。買っていく人は、「こういう靴を待っていた」と言って買っていく靴なのです。

一旦完売しました。次回入荷は5月後半です。

けっこう、いろんな方から高評価だったリーガルのボディバッグ(14,700円/税込)

P3101317

ですが、一旦メーカーでも完売し、次回入荷は1ヶ月半後の予定となります。

ただいま、ご予約承り中です!

ご興味のある方はお早めにどうぞ~

お客様にいただいた、桜と桃の花の写真

Photo

春ですねえ。岡崎はいたるところで桜の花が綺麗です。

Photo_2

この時期、桜ばかりが話題になりますが、他の花も一斉に咲いています。

桃の花も綺麗ですね。

もちろん、木の上の花だけじゃなく、足元にも様々な花が咲いていて、そちらにも注目すると、街中色だらけなのがよく分かります。

P3271485

春ですねえ。

靴作り教室!

昨日の3月31日でリーガルウィークが終了いたしました。

たくさんのお客様にご来店いただきありがとうございます。

今回は前年比で言うと、ちょっと悪かったです(^_^;)

まあ、努力が足りなかったということで、次がんばります。

3月15日から始まったリーガルウィークですが、その前日に靴作り教室に行っておりました。

その前の回で作ったアッパーのパーツを縫い合わせてアッパーを完成させるところまでです。この時はあまり写真を撮っていなかった…。

20130312_181910

各パーツの現状はこんな感じ。

まず、舌革に裏革を縫います。

Img_0062

そして、余った裏革を切って、さくさくっと余り部分をカットしていきます。

次に踵の部分を裏側から薄く縫います。

Img_0061

お分かりでしょうか。つまむように裏から縫っていきます。その縫い代は1ミリくらい。

これよりも厚くても薄くてもダメです。

そして、縫ったら 広げて裏返して叩いていきます。

Img_0068

そして縫い代に合わせてパーツを縫い合わせていくのですが、この日は作るのに夢中で写真がない。むう~

写真を撮っていない日でしたが、なぜかこの日のランチはしっかりと写真を撮っていました。

Img_0067

ダブルステーキ丼

お重の中ほどにもう一枚のステーキ肉がっ!!

いや、そんなもん撮っているんだったら靴の写真を撮れよと。(^^ゞ