靴作り教室 

靴作り教室もいよいよ後半戦です。多分。

左右の靴の後ろ半分の釣り込みまできたら、先芯を入れます。

先芯は、紙みたいな素材ですが、シンナーにつけると柔らかくなり、乾燥すると硬くなる素材で作っています。

20130509_13_15_15

まず、トゥ部分の内側の革(ライニング)をトゥに接着剤で固定し、甲革を開きます。

表革と内側の間に先芯をサンドイッチするという感じですね。ここを概ねつま先から4~5センチまでの長さで先芯を入れるところを決めます。左右揃えた時わかりやすいように線を引いておきます。ここにメンディングテープを貼って、概ねの型を作ります。

そして、先芯の素材のサイズを揃えていきます。

20130509_13_26_06

この時点では先芯は厚手の紙みたいな感じです。これに、シンナーを付けます。

20130509_13_32_31

全体が浸るくらいな感じで、シンナーをつけたら、ピンセットでトゥに貼っていきます。

20130509_13_39_21

シンナーにつけた時点でなんとなく先芯に粘りがつくので、ぺたぺたと貼っていきますが、綺麗に貼らないと後が面倒になります。

20130509_14_08_28

左右貼ったら20分ほど乾かします。乾いたら意外なほどカチカチになります。

そうしたら、次に継ぎ目がわからなくなるまでヤスリで磨きます。

20130509_14_26_27

ここで継ぎ目がボコっとしていたら、後ほど引っ張った時に、甲革に余計な凸凹ができることになってしまいますので、手で触ってもわからなくなるくらいにやすりがけをします。

20130509_14_27_37

綺麗になったら甲革をかぶせて、トゥ部分の釣り込みを行います。

20130509_14_27_54

裏返すと接着剤で貼り付けられたライニング(内革)があるので、それを剥がして甲革と合わせて引っ張りながら釘を打っていきます。

20130509_14_53_22

甲がしわにならないように革の伸びる方向を見ながら釘を打っていくのですが、これがなかなか難しい。打っては外して打ち直しの連続です。

20130509_15_39_20

それでもなんとか完成。やっと釣り込みが出来ました。

期間限定受注!ナンバーレザートートの注文を5月末まで受付中!

パッチワークバッグシリーズのトライオン社の「ナンバーデザインバッグ」の期間限定受注を行います。
バッグの色は黒とダークブラウンの2色!大きさはタテ型トートとヨコ型トートの2種類です
0~9までの、あなたの好きな数字を一つだけ入れられます!

Tate_number

ナンバーの色は白で、写真の場所に入ります。

Yoko_number

価格はどちらも15,750円(税込)

5月末に受注を締め切り、9月末頃の納期となります。

ご興味のある方はお早めにどうぞ~

「trion_number_bag.pdf」をダウンロード

レザーパッチワークバッグのトライオンの婦人ブランド

野球のグローブの残革をパッチワークにしてバッグを作っているトライオン社の婦人ブランドがLapuLapuです。

今回、LapuLapuとかご作家でバッグデザイナーでもあるtakanekoさんとがコラボして作った夏向けの爽やかバッグが入りました。

P5041781

素材はabacaと呼ばれるマニラ麻からつくられています。

涼しげな爽やか素材ですね。ハンドルは革です。

P5041782

オレンジからホワイトのグラデーションと

P5041775

ブルーからホワイトのグラデーションの2色あります。

底は円形でマチが広く、荷物はたくさん入りそうです。

A4サイズのファイルも入ります。

P5041779_2

中のポケットのファスナーには革製のリングが取っ手に使われています。

P5041778

とてもナチュラル感のある涼し気なバッグです。夏のお出かけにお似合いですよ!

価格 12,600円(税込)

昨日は第3回の面会日

昨日は週1回のダイエット面会日でした。

例によって、高木太輔氏(子煩悩)により、超ハイテクな計測器で計測したところ、前週より1.1キロダウン(累計3.9キロダウン)でした。

これはいいペースじゃん?3週間で3.9キロなら、目標(8週間で7キロ)まで余裕じゃん?と、一人ほくそ笑むものの、あれれ、体脂肪率が上がっているぞ?内臓脂肪の数値も先週より急上昇(110→125)している。

白衣の高木太輔氏(子煩悩)は軽く目を逸らしながら、「う~ん、機械の測ることですからね~…」と言葉を濁す。彼は何も触れなかったが、どうもウエストも増えているような気配だ。

「もう一度測ってみます?」と言われたものの、「いえ!ノーサンキューです!」

「…一回測ってそれなら、それが出た結果だということです」などと高倉健が言いそうなセリフを言ってみた。

が、おかしいな?と思っていたのも事実。

やっぱ、アレかい?こっから先は食事制限になっていくのかい?

と聞いてみたが、白衣の高木太輔氏(子煩悩)は、それは極力したくないとのこと。

まあ、体重そのものは減っているから、このまま様子見しましょうとの結論となった。

何やら暗雲の立ち込めたダイエットプログラムです。

さあ、来週はどうなる!?

さあ、今日は快晴です!

ゴールデンウィーク後半に入りました。

すでにどこも渋滞みたいですね。

どこへ行っても混んでいます!

こんな日は、リーガルシューズ岡崎店ならガラガラですよ~(^_^;)

ゴールデンウィークの後半に入りますね。

もちろん、私どもは営業しております。

昨日は定休日だったので、蒲郡のクラシックホテル(旧プリンスホテル)のつつじ祭りに行ってきました。「祭り」といっても、特になにか賑やかな屋台が出ているわけでもなく、普段の庭園をそのまま開放しているだけという静かな感じですが、そのほうが穏やかでいいですね。

Img_0429_2

蒲郡クラシックホテルは昭和9年設立の由緒正しいホテルで、鉄道省に設置された観光局が、国際観光ホテル建設計画を発表して全国から名乗りをあげた40の候補地の中から、横浜、雲仙、大津とともに選ばれました。当時の名前は「蒲郡ホテル」

経済産業省が認定する近代化産業遺産にも選定されている歴史的建造物でもあります。

フロント前のロビーはこんな感じ。かなり歴史の重厚さを感じます。

ヨーロッパあたりの地方の古いホテルみたい。

Img_0419

目の前に竹島(日本海の領有権を争っている方ではない)と三河湾が広がる高台の上にあります。

Img_0464

竹島は橋でつながっています。

Img_0458

クラシックホテルは和風の庭園もあるかと思えば

Img_0422

洋風のテラスもあり

Img_0424

ちょっと不思議な空間です。

Img_0434

海を見渡せるツツジの庭園はちょうどツツジがいい感じで、見頃です。

P1100683

ゴールデンウィーク中はやっているので、ご興味のある方はどうぞ!

Img_0443