地元の商人塾という勉強会で納棺師と知り合いになった。

納棺師とは映画「おくりびと」で最近知られるようになってきたけど、お亡くなりになった方のお化粧をして、きちんと送ることを手助けする人のこと。僕の解釈が間違っていなければですけど。

普通は、葬儀屋さんでセットで行われるけど、この人はフリーの納棺師で、指名をしてもらって仕事をする人です。以前は葬儀屋さんの専属でもやっていたことがあるけど、時間に追われて流れ作業みたいになっていたのがどうにも納得できず、ご遺体と遺族の方にきちんと寄り添いたいという気持ちからフリーの納棺師になったそうです。
いろいろ面白い話が聞けました。家族や大事な人が亡くなったら、すぐに連絡してくださいとのこと。
365日24時間対応で受けるそうです。話をしていて、その人柄からか「残された家族の気持ちをすごく大切にする人」だなあと思いました。この人も仕事をきちんと考えている人です。
気になる方は、ご紹介しますので、お店までどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です