本日は本多プラス社さんの会長さんの講演を聞いてきた。

 岡崎商工会議所で行われた、新城のプラスチック成形の会社、本多プラスさんの会長の話を聞いてきた。

以前にはカンブリア宮殿にも出演したというこの会社、経営理念は「他人のやらないことをやる!」というかなり気合の入った会社です
戦後すぐに、筆のセロファンさや作りの会社から始めて、数多くのプラスチックパッケージ商品を開発、提案販売をしている会社です。
まあ、とにかく前向きな社長で、社名の本多プラスのプラスは、「プラス思考」からとったというくらいに前向きです。だから、出来ないことはないというのが口癖の、徹底的にやりぬくことをモットーとした経営者でした。
この方の口からも「経営の原理原則」という言葉が出たりして、やっぱり上手くいく経営者にはある一定の法則があるなあと感じ入りました。
面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です