RIZAPの求めていたことはこれではないかと思うこと

こんにちは、最近なかなか夜に眠れない
リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

で、昼に眠くなるという…困ったものです。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00050013-yom-bus_all

元カルビーの松本代表取締役はM&Aをやめろと助言していた
ということですが、そりゃ、60社以上も買っていたら、
素人目に見ても問題なんじゃない?
とは思います。

RIZAPって、札幌証券取引所に上場しており、
東証ではないんですよね。
この辺も不思議といえば不思議な会社です。
でもバンバンM&Aをしていたから
東証に市場替えする気もなかったのでしょうね。

2年位前から、RIZAPがM&Aすると発表された超低迷株
(数十円~100円程度の株価)の会社の株が急激に伸びて、
何倍になるというのを見てきました。
仕手株みたいなものだろうなあと思っていましたが、
結局それがしたかったんじゃないかなあと勘繰ったり。

RIZAPの知名度、販売力みたいなものに期待して、
相乗効果の業績アップを囃して株価が上がったんでしょうけど、
ちょっと無理があったようです。

プロ経営者の松本晃代表が今後どのように立て直すかが
とても気になる記事です。
でも本業の方はまだまだ大丈夫と言っておりますが、
このままじゃまずいんじゃないかなあと思ったり。

結果にコミットするこの会社。
男性の太るとまずいという恐怖心をうまく取り込んだ
ダイエット産業の一種ですよね。

太ると何が怖いのか。

病気、出世できない、体力の衰え、モテない…くらいですか。

そして、おそらく一番お客様が恐れているのが「モテない」
ではないかと想像します。

単純に考えてほとんどの人がモテないを解決したいから
強制だろうがなんだろうがダイエットするんじゃないかなと。
その辺のユーザーのウオンツというか、求めるものがRIZAPにある
という期待が今までの構図だったと思うのです。

もっとも、RIZAPは一切モテるようになりますとは言っていません。
結果にコミットするとは言っていますが、
どんな結果かは絶対に言っていないはずです。
ユーザーの方でいわば勝手に痩せる=モテると思いこむわけです。
この辺が上手いなあとは思います。

痩せてもモテるようにならなかったり、出世しなかったり、
病気したりしても、それはRIZAPの責任ではなく
ユーザーの別の理由によるものです。
そこは保証になりません。

というユーザーの要望を前提に噂の子会社を見ていきますと…

グループ企業

化粧品、紳士服、婦人服、スポーツ用品、時計など

結局、RIZAPは痩せた後のモテる方法の提案を自社のみで
やりたかったのかもしれません。
まあ、その割にはリフォーム会社なんかを買っていたりして、
ところどころ不明なところもありますが。

良い方にとらえれば、会社として顧客のウオンツを
本気で満足させようとした結果でしょう。
悪い方にとらえればいろいろ荒さがしもできそうですが、
まあ、それを書くのはやめておきます。

大事なのは

この会社、このお店にお客様は何を求めてくるの?
お客様はどうなりたいの?

を店主は死ぬほど考えることだと思っています。

当店は靴を売っています。
でもお客様は靴という機能だけでなく、
かっこいい颯爽としたビジネスマンになる自分を求めて来てくれる
と想定しています。

しっかりと自分の力でビジネスし、
相手に安心感を与え、
ちょっとしたトラブルでも難なくこなす。

そういうビジネスマンになりたい方は、ぜひ当店までお尋ねください。
私たちが提供する靴はそういう方のための靴なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です