納得できる根拠が無いから皆が守らないと思う話

こんにちは、年賀状に一枚も手を付けていない
リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。
もう無かったことにできないものかな。

 

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181216-OYT1T50041.html?from=yartcl_outbrain1

もう2年ほど前に捕まった事例ですから書きますが、
長岡から上越道を107キロで走っていて捕まったことがあります。

何キロも直線が続いていて、無効数キロまでの見通しが効き、
その間に走っている先行車両が3台くらいしか無い
平日の午後のことでした。
先行のクラウンが90キロ位で走っていたので、
それを追い越し車線からパスし走行車線に戻ろうと思ったところで、
そのクラウンからパトライトが…。

全く危険運転なんかしていないわけですよ。
最近流行りのあおり運転なんてするわけもなし。

次のPAでキップ着る時に、
警官が「この区間でクラウンに気をつけろと言われなかった?」と
にやっと笑いながら言ったときには、
日本の警察と道路行政はどうなっているんだ?
と思いましたね。
PA出たら、レクサスが130キロ位ですっ飛んでいきましたが、
覆面は何もなかったように進んでいきました。

何が言いたいかというと、
実態は80キロでそんな道を走る車はいないし、
なぜ80キロなのかという根拠も不明だと思うのです。

なぜそれが必要なのかというのが納得できれば守るし、
納得できないと守らないのが道理だと思うけど、
今は納得していない人が多いんじやないかなあ。

昔の車には100キロだか105キロだか超えると
キンコンキンコン鳴る装備がついていましたが
今は無いようですね。
あれも、不要だという判断なのでしょう。
昔は確かに100キロを超えると振動が激しくなったりする車
もありましたが、今は軽ですら安定して走れるわけで。

アウトバーンのように制限をなくせとは言いませんが
(最近は、アウトバーンも速度制限を設けるみたいですね)
納得できるように制限をしてほしいと思います。

雨や雪で制限速度が低くなったりチェーン規制されるのはわかる。
でも快晴で見通しが良い高速道路で80キロは納得いかないねえ。
(かなり個人的な感情です)

先日、リーガルに寒冷地仕様の靴があると書きましたが、
大雪じゃないにしても、雪の日や雨の日に合わせて靴を変える
という人は多いです。
毎日、同じ靴を履いている人は、長い目で見て損をしています。

晴れの日にムレ抜けの良い快適な靴
雨の日には水の入らない防水の靴
雪の日に滑りづらい雪底の靴を使い分けると、
毎日がより快適になります。

靴もタイヤと一緒で全て一つあれば足りるというわけではないのです。

 

 

2 Replies to “納得できる根拠が無いから皆が守らないと思う話”

  1. 確かに、世の中には根拠があいまいなことがたくさんありますよね。でも制限速度は、事故を起こした時のことも考えて決められているようです。制限速度を設けた時の道路事情や車の進化からすれば理不尽と考えられるのも無理ないですね!

  2. 本多さんありがとうございます。もちろん、最初に規制した時の事情というのもあるのでしょうが、最近の新東名の試みなど、時代に合わせていこうという考え方も大事だと思います。特に自動運転が本格化したら、もっと変わるんでしょうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です