あるお客様の一言

今日、あるお客様を接客した時の話。

リーガルは初めての方で、履いてきた靴もスニーカーでした。

「礼服にも履けるように」との最初の要望でしたが、リーガルのなかでは軽めで柔らかいリーガルウォーカーの靴を選んでいました。礼服用とは言い難いですが、まあ、まずは自由に履いてもらおうと黙っていました。

サイズを出して試履きしたときに、まずは履き心地は気に入ってもらえたようでした。何歩か歩いて、何気なくぼそっと言った言葉が心に引っかかりました。

「そうか、本物の靴とはこういう履き心地なのか…」

誤解を恐れずに言えば、恐らくその方は、いわゆる量販店で買った1万円以内の靴ばかり履いていたのではないかと思います。

「全然違うね」

厳然と差はあります。もう、価格の差以上に。

もし、うちの靴で「違う」を実感していただけたら、それはありがたい話です。そして、これこそが当店の存在理由だと想いました。

はっきり言って、「本物の靴」(と、その方風に言わせていただくと)を売っている店もどんどん減っているし、作っているメーカーもこれから淘汰されていくと思っています。ことによったらリーガルも例外ではありません。

そして、本物は減っていきます。これは、靴に限らず、いろんなジャンルで減っていくことでしょう。「安さ」と引き換えに。

そして、あるとき本物が欲しくなっても、もう手に入らない(もしくはものすごく高額になっている)時代が来ます。

それは良い悪いではなく、そうなってしまうから。

我々零細商人にできることは、手間を掛けてでも、脳みそをフル回転汗ながら、本物を本物としてお客様に理解してもらうように販売するしかない。

そうしないと、日本のきちんとしたものづくりが消え、履き心地を二の次にして、安さだけを求めた、「形だけの靴」が蔓延することになります。

はっきりいいますが、私はそれは嫌です。きちんと掛けるべきところにコストをかけたゆえに、良心的な会社が価格で負けて淘汰されるのは嫌です。

靴で言えば、例えばヒールの高さによって足の角度が変わります。ですが安い靴作りをする国や工場は、効率的という言葉で、木型を一種類しか使いません。

3センチのヒールの靴と7センチのヒールの靴は木型を変えて作らないと足がゆがみます。ですが、木型を作るのはお金がかかるので、一つの木型を使いまわしにしています。

こんなことはどこでもやっている。そう、そして、どこでもやった結果、本物の履き心地はこの世から消えるのです。

靴に限る話ではありません。安さのみを求めるというのはそういうことなのです。

より多くの方に本物を本物としてきちんと認識していただく。

より豊かな生活を営んででいただく。

それが私の求め続ける使命だと本日改めて気付かされました。

ありがとうございます。

 

昨日は津市でキングコング西野氏の講演を聞いてきました。

こんにちは、リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

キンコン西野の講演をうちが主催でやるよと、友人の津市のパスタ屋さんが言っていたので、行ってきました。

VIP席と普通席があるけどどっちが良い?といわれて、そりゃVIP席でしょとお願いしたら、最前列でした。

結論から言うと、面白かった。言っていることはあるマーケターや某勉強会と近いことを言っていたわけですが、自分で実践してきた人の迫力というか、その発想力は並大抵じゃないなと感心しました。

ほぼ90分休み無しのマシンガントークは流石に元芸人(本人はもう芸人やめたと言っていたので元ですね)です。

そして、その内容の面白いこと。笑いがというわけではなく、理にかなったお金と広告の話をしっかりして、これからの社会とその中での生き方を語っています。誰にでもわかりやすく、あのレベルの話ができるのは相当頭が良くないとできない。そして、あの容赦ない本音トークが世間から叩かれる原因でもあるんだろうなとも思いましたが、それは気にしなければ良いだけの話。この人はブレがなかったです。

これは金を払ってでも聞く価値があります。聞くものにあくび一つさせません。誰だか知らない後ろの席の人は、最初から最後まで「う~ん、う~ん。と相づちを打っていました」あのパワーは凄いわ。

これはいずれ岡崎でも講演をやってもらいたいと考えて、これから件のパスタ屋と悪巧みを考えていきます。